東京都市大学

活動報告

三木千壽学長が「気候危機を考える環境シンポジウム~私たちはどう立ち向かうのか~」に登壇しました(9/1)

2020年9月1日(火)、三木千壽学長が、北沢タウンホール(東京都世田谷区)で開催された「気候危機を考える環境シンポジウム~私たちはどう立ち向かうのか~」(主催:世田谷区環境政策部環境計画課)に登壇し、「私たちは気候危機にどう立ち向かい、適応していくのか」をテーマとしたパネルディスカッションにて、昨年10月12日の東日本台風(台風19号)による被災で体験した本学の浸水状況及び今後の流域対策の必要性を述べました。

なお、シンポジウムでは、区内中学生による「地球温暖化に思うこと、私たちにできること」をテーマとした発表、気象予報士・株式会社ウェザーマップ 片山 由紀子氏による基調講演「異常気象、気候変動、地球温暖化の状況と将来予測について」なども行われ、近年の異常気象の現状を認識するとともに、今後の対策について検討されました。

<関連するリンク先>

【延期後の日程決定】三木千壽学長が「気候危機を考える環境シンポジウム~私たちはどう立ち向かうのか~」に登壇します(9/1)
気候危機を考える環境シンポジウム 私たちはどう立ち向かうのか(世田谷区ウェブサイト)