東京都市大学
[地域連携・生涯学習推進室ウェブサイト]
地域社会との連携に関する取り組み

News & Topics

<在学生・教職員向け>第17回 神奈川産学チャレンジプログラムの応募受付を開始しました

神奈川産学チャレンジプログラムは、神奈川県内の大学と一般社団法人神奈川経済同友会に加盟する企業との学生の人材育成を目的とした課題解決型研究コンペです。
平成16年度より実施され、今年で17回目を迎える本プログラムは、参加企業が抱える経営課題をテーマに、学生チームが実践的で実効性のある解決策をレポートとして提出するものであり、実社会で発生している問題に具体的に取り組むことで、問題解決能力の高い人材を育成しようとするものです。
一昨年(昨年は新型コロナによる情勢に鑑み中止)は、県内21大学からの応募があり、本学より8チーム33名が参加、2チーム9名が入賞しました。

今年も多数の参加を期待しています。

(参考)2019年度表彰式の様子

 
 
(1)応募方法
■対象者:学部生・大学院生
■チーム構成:4名~6名
■応募締切:4月30日(金)17:00厳守
■応募方法:参加希望チームは以下の書類をダウンロード、一読の上、資料⑤「応募フォーム」記載のURL又はQRコードからご応募ください。
※今回より、所定フォームの入力を通して学生自身が直接応募する形となっています。入力に際しては、メールアドレス、電話番号、メンバーの名前の漢字に間違いがないか、必ず確認してください。特に入賞した場合、入力内容を基に表彰状が作成されますため、チームメンバーのお名前は、必ず本人が間違いのないことを確認してから、提出してください。
また、応募時点では大学事務局を介しませんので、申し込みされる研究室の先生方におかれましては申込内容を把握していただけます様、お願いいたします。

■参加用資料
2021年度 第17回神奈川産学チャレンジプログラム 実施要綱(実施細則(参加学生用)、レポート作成規程を含む)
提示テーマ集(3月23日時点)
提出レポートチェック表(学生用)
研究レポート(レポート表紙フォーマット)
応募フォーム(応募の為のURL及びQRコード)

(2)レポート提出について
5月末頃に研究テーマが決定いたしますので、本学地域連携センターから各チームにご連絡いたします。各企業の説明会(6月開催予定)に参加された後、9月末日までに同センターに研究レポートを提出してください。
※研究レポートは、神奈川経済同友会から提示された「レポート作成規程」に従い作成してください。

(3)参加企業による審査
学生チームはレポート提出後、テーマ提示企業に対してプレゼンテーションを行い、審査を受けます。

(4)表彰式
入賞チーム(最優秀賞・優秀賞)が選定された後、12月15日(水)に表彰式(会場:パシフィコ会議センターを予定)が開催されます。

(5)問い合わせ先・研究レポートの提出先
企画・広報室 地域連携センター(世田谷キャンパス)
メールアドレス:chiikirenkei@tcu.ac.jp